メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
音声読み上げ

ちゅうおうとしょかんは、おやすみしています。れいわ4ねん4がつ1にちから、れいわ5ねん12がつまで(よてい)

トップページこどもページほんのしょうかい> わかたけ図書館がおすすめする「まるいもの」の本

わかたけ図書館がおすすめする「まるいもの」の本

【2014ねん3がつ】

~「まるいもの」の本~

 “まるいもの”ときいて、いちばんになにがおもいうかぶかな?
みんなのまわりにもいろんな“まるいもの”がありますよね。
今回は、“まるいもの”がでてくる本をあつめてみました。

わかたけ図書館がおすすめする「まるいもの」の本

「まるいもの」の本をご紹介します


★『パンはころころロシアのものがたり 新装版』 
マーシャ・ブラウン/作 八木田宣子/訳 冨山房(1994年)

ぱん.jpgおじいさんにたのまれておばあさんが作ったまあるいパン。
あらあら、パンがかってにころがりだした。こら、まてー!
パンはどこまでいくんだろう?だれと出会うんだろう?
リズミカルな文章も楽しい、ロシアの昔話です。
わかたけのみ所蔵。
(1976年版 中央・わかぎり所蔵)




 





★『ピエロのあかいはな』 
なつめよしかず/作 福音館書店(2013年)

ピエロ.jpg 
ピエロのトレードマークはあかいはな。
ところが、おおきなくしゃみをしたひょうしにはながとんでしまって・・・。
あかいはながころがったり、とんだりとサーカス中をとびまわります。

 中央・わかぎり・わかたけ所蔵。








 ★『みどりいろのたね 』 
 たかどのほうこ/作太田大八/絵 福音館書店(1988年)

みどり.jpgはたけにたねをまくことになったまあちゃん。うっかりみどりいろのあめだまをたねといっしょにうめてしまいます。土の中ではあめだまと5つのえんどうまめたちがなにやらおしゃべりしているようです。まあちゃんのはたけはどうなるのかな?
 全館所蔵。











 ★『ぐるぐるせんたく』 
矢野アケミ/作 アリス館(2013年)

ぐるぐる.jpgまあるいかたちになにをいれましょう?どろんこになった、くつした?シャツ?
ぜんぶいれたらこんどはぐるぐるまわして・・・
まるいかたちをつかった、たのしいせんたくの絵本です。
 武蔵野台・わかたけ所蔵。

他に『ぐるぐるカレー』もあります。


 



 ★『まるいちきゅうのまるいちにち ALL IN A DAY』 
 エリック・カール、ニコライ・エフゲニエヴィチ・ポポフ、ジァン・カルビ、朱 成梁、
 レイモンド・ブリッグス、林 明子、レオ&ダイアン・ディロン、ロン・ブルックス/作 
 安野光雅/編童話屋(1986年)

ちきゅう.jpg大みそかからお正月にかけての一日。
日本も外国も、子どものくらしってそんなにかわらないね。だって、まるい地球に住んでいる同じ地球人だもの。
この本をながめているだけで思わず、人類愛にめざめてしまうかもしれません。世界の平和を願って、8人の画家がさし絵を描いているのも、みどころです。
全館所蔵。

にほんも
★『まるいちきゅうのまるいちにち』 
エリック・カールほか/作 安野光雅/編童話屋(1986年)

ちきゅう.jpg

★『まるいちきゅうのまるいちにち』 
エリック・カールほか/作 安野光雅/編童話屋(1986年)

ちきゅう.jpg