メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
音声読み上げ

トップページこどもページほんのしょうかい> 武蔵野台図書館がおすすめする「犬」の本

武蔵野台図書館がおすすめする「犬」の本

【2018ねん4がつ】
~「犬」の本~

 いぬどし 
  2018年は、戌年 です。
  そこで、「犬」がでてくる本をいくつかご紹介します。

  あなたはどんな犬が好きですか? かわいい犬? かっこいい犬?
  ぜひ手にとってひらいていただき、犬のおはなしを楽しんでみてください。

武蔵野台図書館がおすすめする「犬」の本

「犬」の本をご紹介します


★『しっぺいたろう』 
香山美子/文 太田大八/画
教育画劇(2000年)
                                                         
 しっぺいたろう.jpg 
村では毎年娘を山の神様に差し出すという、そんな神様があるものか。
通りかかった坊さんは、白い大きな犬の「しっぺいたろう」と
このばけものをたいじします。

中央・わかぎり・武蔵野台所蔵                                                     
                                                                             
                                                        

★『ジローとぼく』 
   大島妙子/作・絵
   偕成社(1999年)

   じろーとぼく.jpgのサムネイル画像         
  
ぼくがひろった子犬のジローはどんどん大きくなった。
ある朝、起きたらジローとぼくが入れかわっている。ぼくがジローでジローがぼく。どうなってるの。


中央・わかたけ・武蔵野台所蔵


★『どうながのプレッツェル』 
マーグレット・レイ/ぶんH.A.レイ/え わたなべ しげお/やく
福音館書店(1978年)

     どうながのプレッツェル.jpg  

5月のある朝、ダックスフントの子犬が5ひき生まれました。
さいしょはみんなそっくりでしたが、大きくなるにつれて、
プレッツェルだけどうたいがのびていきました。

全館所蔵


★『おいぬさま』 
荒戸里也子/著
白泉社(2014年)
                                                           
おいぬさま.jpg

めずらしいもの好きのおとのさまが手に入れたのは、
とてつもなく大きなおいぬさま。
おいぬさまは、おとのさまの前ではいいこにしていますが、いたずらが好きで…。 

中央・武蔵野台所蔵 



★『いぬのおしりのだいじけん』 
  ピーター・ベントリー/文松岡芽衣/絵灰島かり/訳
  ほるぷ出版(2012年)      

いぬのおしりのだいじけん.jpg     

きょうはおまちかねのワンワンまつり。
せかいじゅうの犬たちが集まってきました。
おやおや、ドアになんともふしぎなはりがみが。読んでみると…。

わかぎり・わかたけ・武蔵野台所蔵


★『こいぬがうまれるよ』 
  ジョアンナ・コール/文ジェローム・ウェクスラー/写真 つぼい いくみ/訳
  福音館書店(1982年)      

こいぬがうまれるよ.jpg     

犬の赤ちゃんはどんなふうに生まれてくるのかな。みんなはしっていますか。
犬の赤ちゃんの生まれてから大きくなるまでのようすがよくわかる本です。

中央・わかぎり・武蔵野台所蔵