メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
音声読み上げ

ちゅうおうとしょかんは、おやすみしています。れいわ4ねん4がつ1にちから、れいわ5ねん12がつまで(よてい)

トップページこどもページほんのしょうかい> 0~3歳向けおすすめ絵本と4~6歳向けおすすめ絵本

0~3歳向けおすすめ絵本と4~6歳向けおすすめ絵本

【2009ねん12がつ】

0~3歳向けおすすめ絵本と4~6歳向けおすすめ絵本

今回は、0~3歳向けおすすめ絵本5冊と、4~6歳向けおすすめ絵本5冊をご紹介します。

2009年11月現在、ご購入可能な絵本には本体価格+税の表示をしています。

0~3歳向けおすすめ絵本

0~3歳向け

★『わにわにのおふろ
小風さち/ぶん山口マオ/え福音館書店(2004年)本体価格800円+税

わにわにのおふろ皆さんはおふろで遊んだり、歌をうたったりしますか?わにわには、遊んだり、うたったりしていますよ…どんな遊びをしているのか気になったら・・・ページをめくってくださいね。
全館所蔵。


★『わらべうたえほんせんべ せんべ やけた
こばやし えみこ/案ましま せつこ/絵こぐま社(2006年)本体価格900円+税

わらべうたえほんせんべ せんべ やけたお母さんみたいにお料理する、楽しいままごとあそびの絵本です。親子で「せんべ せんべ やけた」のうたを、うたってみたら、もっと楽しくなりますよ。
全館所蔵。


★『おやまごはん
西内ミナミ/さく和歌山静子/え偕成社(1999年)本体価格800円+税

おやまごはんたん たん たた たん。台所でほうちょうさんが歌いながら、野菜をきざんでいます。材料がそろったら、フライパンの中で何ができるのかな。リズミカルな食べ物の絵本です。
全館所蔵。


★『えらいえらい!
ますだゆうこ/ぶん竹内通雅/えそうえん社(2008年)本体価格1000円+税

えらいえらい「くつはえらい なんでえらい?」「まいにちいっぱいあるくから~」ページをめくるたびに『なんで?』と思い、『なるほど』と感心してしまう。はくしょを いっぱいしたくなる絵本です。
中央・武蔵野台所蔵。


★『だるまさんが
かがくい ひろし/さくブロンズ新社(2008年)本体価格850円+税

だるまさんが「だるまさんが」とくれば「ころんだ」 いえいえ、だるまさんは、ころんでばかりじゃありません。「だるまさんが」のつづきにどんなポーズがあらわれるかな?わくわくしながらページをめくってください。きっと親子でわらいころげますよ。 シリーズに『だるまさんの』『だるまさんと』があります。
中央・わかぎり・わかたけ所蔵。


4~6歳向けおすすめ絵本

4~6歳向け

★『でっかい あかい バスが きた』 
ジュディ・ハインドリー/ぶんウィリアム・ベネディクト/え
久山太市/やく評論社(1997年)本体1300円+税

でっかいあかいバスがきた ブルルルーガタン!どうろにあいた大きな穴にバスがはまってしまい、うしろのくるまは通れない。ストップ!ストップ!たすけて!たすけて!トラックがきて、オープンカーがきて…どうろは長~い行列に。いや~な渋滞だけれども、ふしぎとほのぼの楽しめます。
全館所蔵。


★『ミミちゃんのねんねタオル
アンバー・スチュアート/文レイン・マーロウ/絵ささやまゆうこ/訳徳間書店(2007年)本体価格1500円+税

ミミちゃんのねんねタオルうさぎのミミちゃんはもう大きいのに、大事なねんねタオルを手放すことができません。絶対だれにも取られないように隠しておいたら、その場所がわからなくなってしまいました…。ミミちゃんの気持ち、よくわかりますよね、みんな通る道ですもの!
中央・わかたけ所蔵。


★『ぽっかぽかだいすき おさるさん親と子の写真絵本⑤
安野光雅/文・絵
福音館書店(1979年)本体価格1000円+税

ぽっかぽかだいすき おさるさん親と子の写真絵本⑤ぽっかぽかの温泉に入る、ユーモラスでかわいいおサルさんの写真がいっぱい。温泉に入ることで世界的に有名な、長野県の地獄谷に住む、ニホンザルを撮った写真絵本です。
わかぎり・武蔵野台所蔵。


★『マクドナルドさんのやさいアパート』 
ジュディ・バレット/文ロン・バレット/画ふしみみさを/訳
朔北社(2009年)本体価格1300円+税

マクドナルドさんのやさいアパートアパートの管理人のマクドナルドさんは、アパートでやさいをそだてはじめましたが、たちまちアパートはやさいだらけ。アパートの住人は、おこってつぎつぎにひっこしてしまいました。アパートはいったいどうなるの?やさいだけ、いきいきとあたたかな色がついています。やさいぎらいの子にみてほしい絵本です。
中央・わかぎり所蔵。


★『ねこのおんせん
別役 実/文佐野洋子/絵教育画劇(1986年)本体価格1200円+税

ねこのおんせんとある山のふもとに、ねこを元気にしてくれる温泉があるそうです。その評判を聞いて、ナガールさんは、ねこのタガールを元気にしてやりたい一心で険しい山道を登ります…。苦労してたどり着いた温泉なのに、ちょっとした手違いで大騒動に!
全館所蔵。