メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
音声読み上げ

中央図書館は令和4年4月1日(金曜日)から、令和5年12月末(予定)まで休館しています

トップページヤングアダルト図書館からのおすすめ> 喜怒哀楽の哀!

喜怒哀楽の哀!

【2014年2月】喜怒哀楽の哀!

喜怒哀楽をテーマにした本の紹介も今回が3回目となりました。
悲哀・哀愁・哀憐などなど、「哀」という文字を思い浮かべると涙が出てしまいそうですが…5人の図書館員が選んだ本はどんな内容でしょうか。
次回は最後の文字、“楽”をテーマにご紹介する予定です。お楽しみに。

 

吸涙鬼   Lovers of Tears

市川拓司/著   講談社(2010年)

吸涙鬼
中央・わかたけ
武蔵野台所蔵

不治の病で長くは生きられない…。夢を見ることを諦め、悲しみの涙を流す美沙。ある日、クラスに不思議な魅力を持つ転校生がやって来る。そんな彼には、誰にも話すことのできない秘密があった…。
美沙の流す涙が、奇跡を起こします。
 

もういちど家族になる日まで

スザンヌ・ラフルーア/作   永瀬比奈/訳   徳間書店(2011年出版)

もういちど家族になる日まで
 中央のみ所蔵

パパと妹が交通事故で死んだ。そして、ママが家を出ていっちゃった。わたしはクラッカーとチーズとテレビで一週間ひとりきりで過ごしていたの。
だけれど、おばあちゃんに見つかって…。
心に深い哀しみを負った少女が少しずつ立ち直っていくお話。

温室デイズ

瀬尾まいこ/著   株式会社KADOKAWA 角川書店BC(2006年出版)

温室デイズ
 全館所蔵


小学校時代、クラスの学級崩壊という苦い経験のある みちるは、中学校でもそれが起こりつつあることに不安を感じていた。このままではいけないはずなのに―。
卒業まであと半年、みちる、そして元6年2組のメンバーはそれぞれの気持ちで残りの中学生活に臨む。



ぶたばあちゃん

マーガレット・ワイルド/文   ロン・ブルックス/絵   今村葦子/訳   あすなろ書房(1995年出版) 

ぶたばあちゃん
 中央・わかぎり
わかたけ所蔵


命があるものは、どうしても避ける事が出来ない死。
それはとても哀しい事だけれど、ぶたばあちゃんは自分の知る限りの事を孫むすめに伝える。
そして孫むすめは、ぶたばあちゃんのやさしさを胸に前へと進んでいく。

 

ひとめあなたに…

新井素子/著   創元SF文庫(2008年)

ひとめあなたに...
 中央のみ所蔵

哀しい衝撃が胸を貫く――恋人から別れを告げられる、しかも彼は余命いくばくもないらしい。さらに地球が滅びるというニュース…とてつもなく最悪の状況。
人は追いつめられた時、哀しみに浸るだけなのか?
それとも…?