文字サイズ
標準
福生市立図書館 ヤングアダルトページ

涼しい本、はじめました!

【2016年7月】涼しい本、はじめました!

いよいよ夏本番!冷たいジュースやアイスも捨てがたいけれど、心に効くとっておきをご紹介します。……ぞくっ ひんやり さわやか――どれがお好み?うだるような暑さの日には、本で涼んでみませんか。

 

幽落町おばけ駄菓子屋

蒼月海里/著 株式会社KADOKAWA 角川ホラー文庫(2014年)

幽落町おばけ駄菓子屋
 武蔵野台のみ所蔵


 大学入学と同時にひとり暮らしを始めることになった僕。有楽町の物件に入居するはずが、着いた先はなぜか「幽落町」。行き場を見失った幽霊がさまよう不思議な町で、僕は死者の悩みを解決することになって…。

※ 2016年6月現在、シリーズ第6巻まで刊行。




 

Another 上・下

綾辻行人/著 株式会社KADOKAWA 角川文庫(2011年)

Another
中央のみ所蔵


 夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、初日早々クラスの雰囲気がおかしいことに気付き疑問に思う。この三年三組には26年前から続く恐ろしい秘密があり、何も知らない恒一は身をもって知ることとなる…。

※ 2009年刊行の単行本は、全館所蔵。




 

メイク・ビリーブ・ゲーム

リアノン・ラシター/著 乾侑美子/訳 小学館(2009年)

メイク・ビリーブ・ゲーム
中央・わかぎり所蔵


 親たちが再婚して思いがけなく兄弟同士になった4人の子供たち。初めて家族として、休暇を過ごすことになった古い屋敷。古いノートに記してあった“メイク・ビリーブ・ゲーム”とは…。不気味な力がじわじわと働き始める。





 

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら

工藤美代子/著 KADOKAWAメディアファクトリー(2011年)

もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら
中央のみ所蔵


 著者自らの不思議な体験を15編に分けて綴った一冊。「嘘を書かないこと」「盗作をしないこと」の二点を基本として書かれたそのリアル感と、各編の最後に貼られた体験にまつわる写真が、ゾクッとする「涼」を呼ぶ。






 

屍鬼 〔一〕~〔五〕

小野不由美/著 新潮社 新潮文庫(2002年)

屍鬼
中央・武蔵野台所蔵


 樅の木に囲まれた集落外場村で、ある夏、人が次々と亡くなり始めた。偶然か、疫病か、はたまた殺人か。闇夜に越してきた一家に疑惑の目が向く中、夜の闇のあちらこちらで、もういないはずの人の気配がし始める…。






 

深く、暗く、冷たい場所

メアリー・D.ハーン/作 せなあいこ/訳 評論社(2011年)

深く、暗く、冷たい場所
 わかぎりのみ所蔵


 アリが屋根裏部屋で見つけた、母親も伯母も覚えていない古い写真に隠された秘密。それは、夏休みに別荘の湖畔で出会った少女、シシィの存在により明らかとなっていく…。不安と恐怖に襲われるゴーストストーリーです。






 

夏のバスプール

畑野智美/著 集英社(2012年)

夏のバスプール
 中央・わかたけ・
 武蔵野台所蔵


 プールに飛び込んだ瞬間のような爽やかな青春小説!…かと思いきや、涼やかな表紙の裏には、真っ赤な…?バスプールってなんだろう?夏のじっとりした暑さを感じ、汗をかきながら読んだ後は、もう一度表紙を見返して涼しさを感じてほしい。夏に読みたい一冊!

※ 2015年刊行の文庫本は、わかぎり所蔵。