文字サイズ
標準
福生市立図書館 ヤングアダルトページ

喜怒哀楽の楽!

【2014年4月】喜怒哀楽の楽!

今回は、喜怒哀楽の楽! 喜怒哀楽の最後を飾る、楽しい本をご紹介します!
ウキウキワクワクの春にふさわしい本たちです!
 

 

1/12の冒険

マリアン・マーロン/作  橋本恵/訳  ほるぷ出版(2010年)

12分の1の冒険
 わかぎり
武蔵野台所蔵

不思議なカギを握ると体が小さくなっちゃって…。小さくなるだけでも楽しいのに、シカゴ美術館にある12分の1のミニチュアルームに入り込んだルーシーとジャックは巨大ゴキブリと闘ったり本物の世界に迷い込んだり。
わくわくドキドキの冒険が始まります。

※2014年3月現在、シリーズ3巻まで刊行。


盗まれたコカ・コーラ伝説

ブライアン・フォークナー/作  三辺律子/訳  小学館(2010年出版)

盗まれたコカ・コーラ伝説
中央・わかぎり
武蔵野台所蔵

世界的に有名な飲み物コカ・コーラ。そのコカ・コーラにも種類があるけれど、少年フィザーは味覚だけで言い当ててしまう。
その特技がきっかけで大事件に巻き込まれてしまった!
コカ・コーラにまつわる都市伝説も出てくるので、面白くて、思わず「へぇ」って言ってしまうかも?


ハードボイルド・エッグ

荻原浩/著  双葉文庫(2002年出版)

ハードボイルド・エッグ
 武蔵野台のみ所蔵


理想から程遠い、仕事はペット探しばかりの探偵。
ダイナマイト・ボディの秘書を雇ったと思ったら来たのは八十過ぎの婆さん。
しかもこの婆さん、とぼけた事ばかり言ってまるでコントのように面白い。が、殺人事件が起こってしまい…。
婆さんはいったい何者だったのでしょうか?

※1999年刊行のハードカバー版は、中央のみ所蔵。



 


わたしの愛犬ビンゴ (シートン動物記/図書館版)

アーネスト・T・シートン/文・絵  今泉吉晴/訳・解説  童心社(2010年出版)

わたしの愛犬 ビンゴ
 わかぎりのみ所蔵


優秀な猟犬を親に持ち、素晴らしい将来を期待された仔犬ビンゴ。だが、シートンの元で育ったビンゴは勝手気ままに育つばかり。
しまいには夜中に草原を駆け回り野生さながらに振る舞う始末。
シートン動物記の作者シートンと愛犬の物語。

※シリーズ全15巻。図書館版には、シートンのカラーイラストページがついています。
※武蔵野台は、ソフトカバー版を所蔵しています。


大盛りワックス虫ボトル YA!ENTERTAINMENT

魚住直子/著  講談社(2011年)

大盛りワックス虫ボトル
中央・武蔵野台所蔵

突然現れた丸と直線だけの不気味なものに「ひとを1000回、笑わせろよーん」なんて脅迫(?!)されてしまう江藤公平、13歳。
人を笑わせるのは、かなりシンドイ。ウケるって、どうすれば良いの…?
ツッコミどころ満載の楽しいお話です。